2019年5月16日木曜日

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー☆☆☆☆

2019年5月14日 ホワイト・クロウ伝説のダンサー☆☆☆☆

初めて見たヌレエフは,ダンサーではなく役者だった.1977年の映画「バレンチノ」のタイトルロールがヌレエフだった.何しろ監督は「ホモになれない腐男子」のケン・ラッセル.ダウエルとヌレエフが社交ダンスをするシーンがエロティックでした.
その後1981年の映画「愛と哀しみのボレロ」でジョルジュ・ドンが演じた,パリで亡命したソビエト人ダンサーがヌレエフをモデルにしたものだった.
で,実際のヌレエフは見たことがないが,何度も来日し,森下洋子とも踊っていた.
以前,特定の故人の映画が一斉に作られる現象(マリア・カラス,サンローランなど)があると言ったけど,ここ数年はヌレエフのようで,ドキュメンタリーやら映画やらが作られています.Youtubeを探せばいくらでも出てきます.
監督はレイフ・ファインズ,主演はタタールスタン国立バレエのプリンシパル,ウクライナ人のオレグ・イヴェンコ.若い頃のヌレエフそっくりの顔をしています.
で,「そやKGBに睨まれるわ」な中二病の行動.最近中二病でロイヤル・バレエをやめたポルーニンも出てるけど,今度は温厚なヌレエフの同僚としての出演・
やっと連れて行ってもらえたパリでも好き放題.キーロフ・バレエがロンドンに移動するときに空港で引導を渡され,モスクワに連行されそうに鳴る.当然モスクワに連れて行かれれば欠席裁判,強制労働か処刑もありうる.ビビりまくってフランス側に相談するがどうにもならない.
フランス女の機転で空港の警察官に亡命を口頭で申請,やっと自由の身になれる.
で,映画はここまで.セルゲーエフの奥さんとの濡れ場はあるものの,ゲイ関連のシーンはほとんど無く,いきなり「エイズで死んだ」のナレーション.このあたりのほうが面白そうなのに.
流石はヌレエフだけあって,協力者にはニーナにツィスカリーゼにバリシニコフにと豪華絢爛.
バレエ好きにはおすすめです.

2019年5月12日日曜日

鳥丸軍雪展☆☆☆☆☆

2019年5月11日 鳥丸軍雪展☆☆☆☆☆ 於 ファッション美術館

初めて鳥丸軍雪の名前を聞いたのはいつだったろう?ケンゾーやイッセーがパリで活躍し始めた頃,すでにロンドンで地位を築いていたのに,日本ではほとんど知られていなかった.
その後,日本でも徐々に知名度が上がり,一番注目されたのは,ダイアナ妃が最後に来日したときのブルーのプリーツドレスだった.
日本ではあまり成功しなかったし,当時の彼のブランド「Yuki」は登録商標の都合で日本では使えなかった.
久しぶりに彼の名前を見たのは,2010年前後,日本人が相次いでノーベル賞を受賞した時.シルビア王妃が授賞式後の晩餐会で着たドレスが「どうも何処かで見たようなテイスト」で,調べたら鳥丸軍雪だった.それどころか,その前後,計4回もシルビア王妃のドレスをデザインしていた.
3年ほど前,本人曰く「忘れられた存在」であった鳥丸のもとに,出身地の宮崎市から「展覧会」の依頼があり,しかし,自身の作品や資料をすでにほとんどボストン美術館に寄付していた彼は,その宮崎の展覧会のために,過去の型紙から再度レプリカを作り展示した.その時の作品を中心に展示されています.
1980年代後半ぐらいに日本の雑誌のインタビューで,パーティーで知り合った英国人男性に気に入られ,御稚児さんとして英国についていき,現地で勉強してデザイナーになった.と言っていたが.なんと,その英国人はデズモンド・モリスだったのね!
そりゃ金もコネもあるから「成功は約束されたようなもの」最もそれ以上に才能豊かだったからだけど.
とにかくプリーツ,ドレープが美しい.ここの美術館では以前にも「マダム・グレ」展が素晴らしかったけど,それに勝るとも劣らない展示でした.
プリーツやドレープをきれいに出すために,結構化繊を使っていることや,型紙の切り取りパターンや原価計算表など,経済の部分も見えて面白かったです.
舞台衣装をいくつも依頼した黒柳徹子のインタビュー映像が流れていましたが,彼女は,母親である「黒柳朝」から鳥丸軍雪を紹介されたっていうエピソードも面白かった.

その後は,今は関西住みの元同僚とお食事とお酒
神戸の夜を満喫しました.

2019年5月5日日曜日

トルコ至宝展☆☆☆☆

2019年5月5日 トルコ至宝展☆☆☆☆ 於 国立新美術館

トルコ自体は訪問したことはないけど,イスタンブールまでは2往復したし,例の「世界一」と呼ばれたアタチュルク空港のラウンジも行った.「海難1890」も見たし,タリンではトルコ人のガイドさんにお世話になった.
だからなんとなくトルコには親近感もあるし,興味もある.
で,面白いよ,もちろんトルコ自体の美術品や装飾品もすごいけど,オスマン帝国の時代は,途方もない富を持ってたわけだから.
で,もちろんトルコのものも面白いのだけど,超大型の伊万里や七宝といった焼物がいまでも大事に保管されているのが凄い.
最もミュンヘンのレジデンツにも「柿右衛門コレクション」があるのだけど.
気違い染みた文化の暴走であったチューリップ関連は殆ど無いけど(モチーフとしてはあるけど)見て楽しい,ゴージャスな展覧会でした.

泉家博古館 華ひらく皇室文化☆☆☆☆☆

2019年5月5日 華ひらく皇室文化☆☆☆☆☆ 於 泉家博古館分館

学習院大学史料館との共催です.学習院は無料ですが,日曜は閉館日です.ここは住友家の資料を保管展示するための建物です.東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅下車,エスカレーターを乗り継いですぐ,隣がスペイン大使館,目の前がスウェーデン大使館です.サントリーホールで演奏会がある時,この付近をうろうろしていたので存在は知ってましたが,この展示を知って,初めて見に行きました.

いやーーーさすがは住友本家,持っているものが違うわ.
で,ボンボニエールが凄い,焼物がすごい.絵がすごい.住友と学習院の総力を挙げたのか「個人蔵」やら「宮内庁三の丸尚蔵館」とか「川島織物文化館」とか.
やはり日本人の職人芸はそんじょそこらのアジアとは違う.

2019年5月3日金曜日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン☆☆☆☆☆

2019年5月3日 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 於 東京国際フォーラムHallB7
さすらいの音楽:ロマ&クレズマー&バラライカ☆☆☆☆☆

シルバ・オクテット
バラライカ・・・・・アレクセイ・ビリュコフ

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンはちょこちょこ良い演奏を聞かせてくれます.
電子オルガンの「オルガン付き」や2017年には映画音楽の巨匠,バカロフのバンドネオン付きミサ曲(この人イタリアで活躍したけど出身はアルゼンチン,でこのあとすぐに亡くなった)色光ピアノ付きのプロメテウスとか.
でもいつもHallAかHallCで今回始めてHallB7
で,今回はおフランスのオクテット(弦5部とPf,Cl,ツィンバロン)
イディッシュ色の強い曲何曲かと,70年代前の流行曲,そしてカリンカで幕(幕はないけど)
HallB7は明らかに音楽用ホールじゃないけど,結構言い音出してました.ツィンバロンも音を拾っているようで,きちんと聞こえました.
この手の音楽は,クラクフのレストラン街でたくさん聞いたけど,ノリの良い曲だと自然と間の手も入って良い雰囲気の演奏会でした.
今日は初日で,人でもそれほど多くなく,キッチンカーも比較的余裕があったように思います.B7ってB棟の7Fって意味なのね.


2019年5月1日水曜日

エロディアード☆☆☆☆☆

東京二期会コンチェルタンテシリーズ エロディアード☆☆☆☆☆ 於オーチャードホール
エロディアード・・・・・・・・池田香織
サロメ・・・・・・・・・・・・國光ともこ
ジャン・・・・・・・・・・・・渡邊公威
エロデ・・・・・・・・・・・・舛 貴志
指揮・・・・・・・・・・・・・ミシェル・プラッソン
演奏・・・・・・・・・・・・・東京フィルハーモニー交響楽団

一応照明と多少の演技はあるのですが,演奏会形式でオーチャードとあまり良い条件ではないのですが,めったに見られない作品なので.初演は数年前に東京オペラプロデュースがここの中劇場で行ってます.
感想から言うと歌手の饗宴がものすごく良かったのと,音楽がマスネーらしい美しい作品だったので面白かった.
ま,オーチャードなんで視覚部分ははじめから諦めているし,前の方の席だったので,やっぱりなんにも見えませんでした.

暗黒プロレス666

2019年4月27日 暗黒プロレス666 於 新木場1stRing

武田光珠くんを見に.
試合もだけど,試合後の会場整理に回った光珠くんが
直ぐ側に.
はじめてのテープ投げも.
エンタメ系のプロレスも楽しいわね.
で,この手のプロレスって試合中の撮影はOKなんだけど,入場時や一部撮影がだめなの.カスラック系の「大人の事情」らしいわ.

シンデレラ☆☆☆☆☆

2019年4月27日 シンデレラ☆☆☆☆☆ 於 新国立劇場オペラパレス

シンデレラ・・・・・・・・・米沢 唯
王子・・・・・・・・・・・・渡邊峻郁
姉たち・・・・・・・・・・・古川和則
   ・・・・・・・・・・・小野寺 雄
仙女・・・・・・・・・・・・木村優里
指揮・・・・・・・・・・・・冨田実里
演奏・・・・・・・・・・・・東京フィルハーモニー交響楽団

過去に何度も上演されている,「新国バレエ自家薬籠中の物」のひとつ.みんなしっかり踊れるし,指揮者がバレエを中心に振っている人なので,ピッタリ合わせているし.
米沢,木村コンビも息が合ってた.
かぼちゃの馬車のシーンは何回見ても涙が出る.
シンデレラがお城に登場するシーン,始めてみたのはコジョカルだったのだけど,流石はロイヤル雑技団,足元も見ず,王子の介添も無しでポアントで階段を降りるシーンはすごかった.
とにかく欠点のない公演でした.この演目はちょこちょこ上演されるのでおすすめです.

終幕の客電がなかなか落ちなかったのは,池沼を放牧した親がいて,池沼が自分の席が分からず,レセプションのオネイサンに案内されてカンカン靴を鳴らしながら降りていったから.池沼を連れて来るなとは言わないが「放牧はやめろ」


2019年4月25日木曜日

キングダム☆☆☆☆☆

2019年4月25日 キングダム☆☆☆☆☆

原作のことは全く知らないのだけど,久々に血湧き肉躍る映画でした.ラストがちょっと冗長であるけど.
おそらく原作がしっかりしているのね.原作者も脚本作りに参加したとかで,ストーリーにも大きな破綻はなく,中国を使ってるからエキストラもオープンセットも豪華で.
そして国宝級イケメソと呼ばれた吉沢亮がとにかく美しい.これだけでご飯三杯.そして,無駄に豪華なキャスト.エキストラのガタイが良いと思ったらマッチョ29が出てたのね.でもメイクが紀元前の支那の武士だから,大好きな深水元基が分からなかったわ.
標と信の絆に涙も溢れました.娯楽作品としておすすめです.
見終わってからwikiみたら,全50巻の,最初の数巻分でしか無いのね.
すっきりする映画でした.

2019年4月23日火曜日

ある少年の告白☆☆☆☆

2019年4月23日 ある少年の告白☆☆☆☆

これ21世紀のお話?というほど時代遅れの話です.現代の魔女狩り.キリスト教徒って恐ろしい.アメリカ人って恐ろしい.絶対にお友達になりたくないわ.
敬虔すぎるキリスト教牧師の家庭で育ったジャレッド,大学生になると,自分の性指向がゲイであることに気づき親に相談.キリスト教ではゲイは犯罪者に等しいから,父親に責められ矯正施設に入る.これがもうお笑いのような世界.
LAとかNYとかなら「ゲイ」は大した問題じゃないけど,アーカンソーなんていう田舎町,スマホもネットもあるのに,原住民の感覚はピルグリムブラザーズから進化していないのね.最後にやっとお母さんがお父さんに反旗を翻すが「女だから黙らされていた」とこれまたピルグリムブラザーズ.
責任者であるサイクスという人は「もともとゲイだったが神のお導きでストレートに戻った」として矯正施設を始めたが,この少年の件の数年後「やっぱりゲイはやめられない」と施設をやめ,男と駆落ちしたという食わせ者.
やっぱりキリスト教徒っていやね.