2010年2月19日金曜日

あのね!

ま,あたくしが仕事しているのは,恐ろしく民度の低い南東北の田舎町なんだけど,最悪な宅急便のおっさんが来たわ.
「荷物です,どこに持っていけ ば良いんでしょうか?」って言うから
「誰宛の荷物ですか?」って聞いたら
「×××」
「それは送り主で,受取人はなんて書いてあり ますか」
「〇〇株式会社〇〇部」
「〇〇部の誰になっていますか?」
「書いてありません」
行ってみたら,書いてあるだろボケが★★様ってゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!」
実際の応答はもっと時間がかかっ たのよ,相手の日本語がたどたどしいから.
おまけに送り状のどれを回収すればいいかも分かってないし.何かい?いい年したジジイが,今日はじめて 仕事始めたのかい?
今まで配達の仕事した事ないのかい?宅配の伝票見たことないのかい?なんにも考えずに出てきたのかい?
人生のスキル低 すぎないかい?
つーか少しは研修なりOJTなりしてから放流しろ!( ゚Д゚)ヴォケ!!
他にも,「い」と「え」の区別が分からないか ら「伊藤」さん宛なのか「江藤さん」あてなのかわからなかったり
談笑の金明竹か!
Zap
その勤務地もそうだし,札幌もそうだったけど, 新聞の訃報欄に一般人が載ってるのよね.東京だと,訃報欄に出るのは有名人や大会社の役員クラスぐらいだけど.しかも東京から離れるに従って一般人の訃報 欄が広くなるような気がする.
Zap
まだ会社が都内にあった頃,担当してくれてた保険のおばちゃんが,わざわざ南東北まで会いに来てくだ さいました.都内にいる頃,「今度入るから」って言い続けてて,移転が決まったから慌てて入ったのよ.その後も南東北の支店に引き継ぐまで何度か来てくれ たし.当たり前といえば当たり前だけど.
保険の契約って本当に人と人との付き合いだと思ったわ.

2 件のコメント:

Yanarin さんのコメント...

保険のおばちゃんの話。
意外と人情深い人なんですねぇ。
まあ、毒気が強い人ほどそういう一面があったりするのは知っていますが(笑)。

Esclarmonde さんのコメント...

移転してから10年以上たつのよ.その前も10年ぐらいのお付き合いなの